クラビットって知ってますか?

細菌に対して殺菌効果のある薬にクラビットがあります。淋病やクラミジアなどの病気に効果的で、1日1回の服用で済むので非常に手間がかかりません。クラビットの特徴や実は通販で買えるお得な情報まで紹介していきたいと思います。

クラビットについて説明する医師

クラビットの服用は病院の医者の指示

クラビットは、咽、咽頭炎や扁桃腺など、感染症の薬剤で使用されていて淋病やクラミジアにも効果があります。クラビットの名前の由来は、CRAVE「熱望する、切望する」からCRAVITとして待ち望まれた薬剤という意味が込められています。クラビットは細菌における様々な病気に用いられ、感性のブドウ球菌属、肺炎球菌や淋病、クラミジアに適応菌種として利用され、適応症では膀胱炎急性気管支炎、リンパ管、扁桃炎などがあり、各分野で効果があるとされています。クラビットにはクラビット錠やクラビット細粒、細粒10%と色々種類があり、クラミジアなどの性感染症の原因である細菌が、増殖するのを阻害する役目をもつ抗菌薬です。抗菌薬は種類ごとに分類されており、クラミジア治療において殺菌作用を発揮し、一日一回の服用で効果的に治療ができます。また他の抗菌薬に比べ副作用が比較的に少ないとされております。少ない副作用として挙げられるのがアキレス腱障害や痙攣などが起こるとされ、血糖値の低下も報告としてあります。このような症状が出た場合は医者との相談が必要です。成分はレボフロキサシンで様々な感染症に効くと同時に病院の科目においても多岐に渡って使用されています。使用上の注意では、痙攣などのてんかん性の疾患のある方や腎機能障害など既往歴のある方、高齢者などには慎重な投与が必要となります。また、クラビットの使用中は直射日光などに長時間当たらないことも大切で、小児や妊婦の方にも服用上の注意が必要です。クラビットの抗生剤などは症状が治まり次第服用を中止した方が良いか、一方原因菌の生き残りを防ぐためにもしばらくの服用が必要かどうかの問題もあります。