合宿免許と聞いて考えること

合宿免許取得コースと聞いて思い浮かぶことは、短期間で自動車免許を取得できるコースであるから、カリキュラムは本当に充実しているのかという疑問です。
通所コースでは座学と実技合わせて、長い人は半年以上の期間をかけて習得していくコースです。

実際合宿免許コースは2-3週間程度で、修了してしまいます。その内容がきちんとしているのでしょうか。

通所コースでの実際は、満員でなかなか講座がとれない、自動車教習や検定の申し込みをしても満車で乗れない、などの理由で長期化していくようです。



その点合宿免許コースでは、指定の期間内に習得できるよう、カリキュラムが組まれています。朝から晩までぎっしり講習や教習が組まれているので、実際大変なようですが、効率よく学ぶことができます。



教習所によっては、規定期間内修得を公約としており、規定内に卒業検定まで終了できれば賞品があるなど、お楽しみ要素も盛りだくさんのようです。


合宿免許というくらいですので、宿泊施設には様々な地域から、学生が集まってきます。

2-3週間はかかるので、社会人は少ないようです。高校卒業した春休みであったり、大学生が多いようですが、成人していない場合は保護者の署名が必要になりますので、成人した大学生が多いです。

大学生協で合宿免許を紹介していることも多く、様々な大学から学生が集まるので大変賑やかです。


仲良くなってその後もお友達付き合いを続けたり、大学が違えどサークルを立ち上げたという話もあります。



楽しみながら効率よく自動車免許を取得できるのは魅力的です。